印面の見栄えは大切

  • RSS

社印は法人の印鑑の中でも一番使用頻度が高い印鑑です。この印鑑は私たちが一般的に使っている認印みたいなものですよね。
この印鑑の形は他の一般的な印鑑の丸いものとは違い正方形をしています。だから角印と呼ばれているんですよ。
社印の印面には会社名や個人事業主であれば屋号が入るものです。その書体は篆書体で彫られるものを選ぶ人が多いようです。見た目でもカッコいい、そんな書体です。

社印にはその会社名を彫る時に、デザイン面でのバランスを取るために文字数をたしてすっきり見える文字の入れ方をします。バランス的に3文字×3文字の計9文字というバランスがとても美しく見えるのでそういうデザインで作られています。
このときに文字が足りなければ先ほどもいったように文字数を足すことになりますが、その時には「印」であったり「之印」というもの字をいれて彫ることになります。
バランスを取るためにこのような文字を入れることがありますが、それでも社印の印鑑としての意味はまったく損なうことがないので安心してください。

この社印は法人印の中でも人の目につくことが非常に多い印鑑です。ですから見栄えも大切ですよね。この「印」や「之印」という文字を入れることでキレイにバランスを取れるので押印した時にも非常に迫力があるんです。ただ、これも印鑑をつくるお店にもよりますので、お店でしっかり話し合って決めるといいですよ。それと必ずしも同じ文字数の行で作るのかと言えばそうではないのです。あくまでもバランスです。見栄えって大事ですものね。

〔関連商品のご紹介〕
サンリオファンの方に朗報です!
キティやマイメロの和柄印鑑と印鑑ケースのセットが新登場!
選べる種類が全12種類の豊富なラインナップ。
記念品やお祝いの贈り物に最適です。
⇒サンリオ印鑑はおしゃれはんこの専門店《キレイはんこ》へ
夫婦円満のための印鑑選び
http://www.handdata.com/
高級オランダ水牛印鑑
http://www.fautquecabouge.com/

このページの先頭へ